ブランド品を高く売りたい!高額買取のお店をリサーチ » ブランドを高く売るためのコツ » 査定額を決める要因

査定額を決める要因

ブランド品を高く売るなら、査定時に買取業者がどこを見るのかを知っておく必要があります。買い取り額を左右する、査定ポイントを紹介。

ブランド品の査定ポイントとは

ブランドバッグイメージ画像

発売されてすぐの商品は、一般的に高値がつく傾向にあります。すぐに完売してしまった人気商品や、毎年デザインが変わるものなどは、とくに高値をつけてもらえるので、販売直後に売るのがおすすめ。

流行のアイテムは、時間が経つごとに買取価格も下がっていくので、買ったもののちょっと違った、もらいものだけど気に入らないというものは、すぐに売ったほうが賢明です。

けれども、毎年デザインが少しずつ変わる定番アイテムの場合は、数年前のもののほうが、人気があるという場合もあるので、時間が経ってから売った方が、高値がつくこともあります。

また、新商品が発売された直後は、古いデザインのものが売りに出されることが多いので、あまり高く買い取ってもらえないことも。

クリスマス直後の年末年始は、中古市場の供給過多になることが多いので、高値での買取は望み薄のようです。

夏に冬用のコートやマフラーなどを売っても、高値では買い取ってもらえません。市場としても需要がないからです。

夏のものは夏に、冬のものは冬に売ったほうが、高値が期待できます。

よほどの理由がない限り、季節外れの商品を売ることは避けたほうがいいでしょう。

芸能人が愛用しているなど、テレビや雑誌で取り上げられたブランドやアイテムは、人気が上がり、それに伴って中古市場での売値も高くなります。売値が高くなれば、当然、買取価格もアップするので、数年前のモノであっても、手持ちのアイテムがマスコミで取り上げられた場合には、高値買取のチャンスです。

多くのリサイクルショップでは、オークションサイトでの落札価格を参考にして、買取価格を決めているようです。

自分が売ろうと思っているアイテムがどれくらいで買い取ってもらえるかを知りたいという人は、オークションサイトをチェックしてみるといいでしょう。

査定額を見る!

買い取りで人気の
ブランド一覧

ブランド品買取業者一覧

ブランドを
高く売るためのコツ