ブランド品を高く売りたい!高額買取のお店をリサーチ » ブランドを高く売るためのコツ » 【番外】オークションとの違い

【番外】オークションとの違い

ブランド品の買取というと、買取業者のほかに、オークションサイトでの取引も人気です。買取業者とオークションの取引の違いについて説明します。

オークションでのブランド品買取のメリットとは

オークションでブランド品を売ることのメリットは、タイミングがよければ、買取業者よりも高値で取引できることです。

新商品や話題のアイテムなど、需要が高まっている状態でオークションに売りに出せば、かなりの高値が期待できます。

ただし、商品の写真を撮影したり、商品の説明文を考えたり、落札者と直接やり取りをし、商品を梱包して発送するなどの手間がかかります。

通常、オークションに出すと、即決価格での落札出ない限り、1週間ほどの掲載期間があります。その後、落札者とのやり取りがあるので、オークションに出品してから取引が完了するまで、10日~2週間ほどの時間がかかってしまいます

また、落札者がどのような人かわからないという不安があったり、顔が見えないやり取りの中で、ちょっとした言葉の行き違いで誤解を招き、トラブルに発展するといったケースも珍しくありません。

さらに、商品を発送したにも関わらず、落札者のもとに届かないといった配送トラブルの危険性もあります。

買取業者のメリット・デメリット

買取業者の場合、オークションに比べて買取価格が低くなってしまうというケースが多々あります。

買取業者に売った場合、業者側の利益や経費などが引かれるので、オークションよりも価格が下がってしまうのです。

けれども、買取業者の場合、店舗に持ち込めば、その日のうちに現金化することができます。店舗によって異なりますが、査定の時間も数分~数十分程度ですから、すぐに現金が必要という場合にも対応してくれます。

また、店舗で買取を行うのであれば、直接、鑑定士と顔を合わせ、その場で査定してくれるので、顔が見える取引という安心感があります。

商品の梱包や発送、落札者とのやり取りなどの手間もかかりません。

手間をかけずにすぐ売りたい人、なるべく不安の少ない取引をしたいという人は買取業者がおすすめです。

査定額を見る!

買い取りで人気の
ブランド一覧

ブランド品買取業者一覧

ブランドを
高く売るためのコツ