ブランド品を高く売りたい!高額買取のお店をリサーチ » 買い取りで人気のブランド一覧 » フェンディの買取相場 -Fendi-

フェンディの買取相場 -Fendi-

フェンディの人気アイテムの相場はどれくらい?気になる買取価格をチェックします。

フェンディ 人気商品の買取相場

バッグ

財布

フェンディ ブランドヒストリー

フェンディサイトキャプチャ
引用元:フェンディ公式サイト
http://www.fendi.com/jp/

1925年、イタリア・ローマにて、エドアルド・フェンディとアデーレ・フェンディ夫妻によって、革製品店を創業。毛皮のコートを販売し、成功する。

5人いるフェンディ夫妻の娘の長女が15歳で仕事を手伝い、次いで4人の妹たちも手伝うようになる。

1965年、カール・ラガーフェルドがデザイナーに就任し、毛皮にエナメル加工やステッチ使いなどの技法を取り入れたデザインを発表し話題に。

69年、「F」を上下に重ねた、フェンディの顔ともいえるズッカ柄が誕生。

70年代に入ると、毛皮や革製品に加えて、コートやジャケットなども手掛け、80年にはフレグランスの販売も開始した。

1997年、バゲットパンに形が似ていることからその名がつけられたバッグ「バゲット」が発表される。

1999年、LVMHグループとプラダの合併会社によって買収されたことで店舗数が大幅に拡大。2001年にはLVMHの完全子会社化になる。

日本では2002年に神戸店、2003年にONE表参道店、2005年に大阪店がオープンしている。

レディースは、カール・ラガーフェルドが、メンズは、創業者の一族であり、バゲットをデザインしたシルヴィア・ベントゥリーニ・フェンディが担当している。

フェンディの特徴

フェンディといえば、「F」が重なったズッカ柄が有名ですが、これは、もともとはバッグやコートの裏地に使われていたものだそう。このズッカ柄が使われているバッグや財布は、定番の人気ラインになっています。

この「F」の文字をズッカ柄よりも小さくしたものが「ズッキーノ」。Fの文字が細かくなることで、上品なイメージを与えてくれます。

縞模様の「ペカン」も、落ち着きがあり、男性も使いやすいデザインと人気です。

フェンディのバッグの人気シリーズのひとつである「バゲット」は、デザインの種類が豊富で、そのバリエーションは350種類以上にもなるといわれています。

査定額を見る!

買い取りで人気の
ブランド一覧

ブランド品買取業者一覧

ブランドを
高く売るためのコツ