ブランド品を高く売りたい!高額買取のお店をリサーチ » 買い取りで人気のブランド一覧 » コーチの買取相場 -Coach-

コーチの買取相場 -Coach-

コーチのバッグや財布の買取相場、特徴、歴史についてまとめています。

コーチ 人気商品の買取相場

バッグ

財布

コーチ ブランドヒストリー

コーチサイトキャプチャ
引用元:コーチ公式サイト
http://japan.coach.com/top/CSfTop.jsp

ニューヨーク・マンハッタンで1941年に創業されたコーチ。はじめは、野球のグローブの革を使ったバッグなどを作っており、もとは、年配の男性向けのアイテムが中心だった。

ドレスに合う機能的なアクセサリーをはじめ、キーケース、サングラス、ポーチなどを展開し、高級ブランドとして発展。

1985年にサラ・リー社によって買収され、96年にはクリエイティブ・ディレクターにリード・クラッコフが就任する。

90年代には、ブランドのイメージを若者向けにチェンジ。上質な素材を使った高品質のアイテムが人気に。

アウトレットでも製品を販売することで、そこで商品を手にした客がフラッグショップに足を運ぶという戦略が成功し、ブランドの発展へとつながった。

2000年、ニューヨーク証券取引所に上場し、総合ファッションブランドへと方向転換。

2001年、コーチの代名詞ともいえるシグネチャー・ラインが販売され、大人気に。

2003年、渋谷にフラッグショップがオープン。そのオープニングイベントが話題になる。

2013年、元ロエベのスチュアート・ヴィヴァースがエグゼクティブ・クリエイティブ・デザイナーに就任。

コーチの特徴

「C」のモノグラム柄が人気のコーチ。日本でも、バッグをはじめ、財布や時計、小物類などが人気です。

丈夫で長持ちが特徴のコーチのバッグですが、乱暴に扱わなければ、15年は使えるといわれています。

コーチといえば、キャンバス地に「C」のモノグラムが入ったシグニチャー・ライン。バッグでも財布でも、このシグニチャー・ラインが圧倒的な人気を誇っています。

そのほか、牛革やエキゾチックレザーなどを使った、シンプルなデザインのバッグもあります。カラーも、白、黒、茶などの定番だけでなく、パステルカラーやヴィヴィッドカラーまで豊富に揃っています。

コーチは、キーホルダーのデザインも豊富で、価格も手頃ということから、キーホルダーも人気です。

査定額を見る!

買い取りで人気の
ブランド一覧

ブランド品買取業者一覧

ブランドを
高く売るためのコツ