ブランド品を高く売りたい!高額買取のお店をリサーチ » 買い取りで人気のブランド一覧 » シャネルの買取相場 -Chanel-

シャネルの買取相場 -Chanel-

シャネルのアイテムの買取価格や特徴、ブランドの歴史について紹介します。

シャネル 人気商品の買取相場

バッグ

財布

時計

アクセサリー

シャネル ブランドヒストリー

シャネルサイトキャプチャ
引用元:シャネル公式サイト
http://www.chanel.com/ja_JP/

1910年、パリのカンボン通り21番地において、ココ・シャネルが帽子専門店「シャネル・モード」を開く。

1913年にドーヴィルにモードブティック店を、1915年にはビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープンさせる。

1916年、シンプルで着心地のいいジャージー素材のドレスを発表し話題に。その後も、男性ものとされていたツイード素材を使った女性用スーツやパンツスタイル、黒を取り入れたファッションなど独自の哲学に基づいたデザインを提案していく。

1921年、シャネルの代表作ともいえるオードゥ・パルファムNo.5を発売。

1939年、第二次世界大戦勃発を機に閉店。その後、1954年、店が再開し、オートクチュール・コレクションが復活。

1971年、シャネルが他界。その後、カール・ラガーフェルドがシャネルのブランドを支える。とくに時計や香水のラインを増やし、「ココ」「アリュール」「チャンス」などが人気になり、売り上げを大きく伸ばす。

時計や香水のラインを増やし、サングラスやバッグも人気商品になる。

日本では1994年に銀座並木通りにシャネルブティックが誕生。96年に大阪心斎橋店、2001年に東京表参道店、2004年に銀座3丁目に銀座シャネルビルがオープンしている。

シャネルの特徴

日本でもファンの多いシャネル。シャネルというと、きらびやかなイメージがありますが、シャネルの服のキーワードは「シンプル」「エレガンス」「実用的」だといわれています。

シャネルは、余計な装飾を取り除き、自由で動きやすいシンプルなデザインの服を発表し、大きな注目を集めました。

洋服では、首の部分が丸く、襟のないジャケットに、ひざ下5~10センチほどのストレートなラインのスカートを組み合わせたシャネルスーツは、現在でも人気のスタイルです。

また、シャネルのバッグの定番といえば、持ち手の部分のチェーンに革を通したマトラッセ。これは、持ち手を肩にかけて両手を自由に使えるようにするために考案されたものだといわれています。

シャネルのバッグや財布では、キルティングに大きなシャネルのロゴが入った「カンボンライン」や、ボタンサイズのシャネルのロゴがついた「ココボタン」、型押しのカーフを使った「キャビアスキン」などのラインなどがとくに人気があるようです。

査定額を見る!

買い取りで人気の
ブランド一覧

ブランド品買取業者一覧

ブランドを
高く売るためのコツ